セントラル建設 専門家のリフォームコラム イメージイラスト

専門家のリフォームコラム

コラムテーマ

受忍限度・・・社会生活上我慢すべき限度!!

2011年05月11日

 ●写真

早川設計事務所
早川 昌宏


建築に関係する紛争やトラブルには、日照権の侵害、騒音、大気汚染等様々ありますが、我々が日頃頭を悩ますのはもっと身近でもっと局所的な問題です。
先日も友人からこんな電話が・・・新築中である住宅の木製ポーチ柱に割れ見つかり施主から取替えを要求されたが、どうしたらよいだろうか~ といった趣旨の内容。
ちなみに、この友人は同業者で、このお宅の設計監理を担当しているのです。
工事を請負った業者は、こんなの普通のことだ!というスタンスで正当性を主張、間に入った友人は両者の間で板ばさみ・・・難しい判断を迫られ、困って意見を求めてきました。


実は、私も過去に同じような経験が・・・・
内容は、床柱に髪の毛ほどの割れが数ヵ所発生し、建築主から取替えを要求されたのです。結果は、現状のままで納得頂きましたが、忘れてならないのが、相手の気持ちになって考えることだと、改めて強く感じました。建物は工業製品ではなく一品生産品であるというところが、良くもあり、また考え方や求めるものの違いでトラブルを引起す原因にもなります。
この場合は天然木という共通点があり、「割れるのは本物の証拠、この程度なら」ってプロの我々は思っても・・・如何にして納得頂くか、たとえそれが受任限度の範囲内であっても、夢を壊すような結論にしてはならないのです。
他にも、床や枠の傷、凹み等、多義多様・・・・工事を終え、養生シートを剥がしてみると傷を発見する場合もあり、造り手側のモラルやプロ意識も問われます。


尚、この友人の場合、資料やデータを示して説明し、柱の割れの程度は受任限度の範囲内ということでご納得頂けたようです。


リフォームコラム

専門家コラム


セントラル建設は、お客様との出会いを大切にし、アフターサービスも行います。どんな小さな事でも構いません、いつでもお気軽にお問い合わせください。

営業時間  8:00~18:00(日曜・祝祭日を除く)電話番号0573-26-4114

メールでのお問い合わせはコチラから→ 


ページトップへ